ど素人DIY part.5 – 2×4材で馬(作業台)を作る (その1)


久々のDIYでございます。
今年は大根干しと植木の冬囲いの兼用の馬を2×4(ツーバイフォー)材を使ってお手軽に作ってみようと思います。
馬ってなんぞやっていうと、本来の用途としては作業台(or 作業台の脚)ですね。

材料はこんな感じ。

馬の材料
馬の材料

右から脚用の2×4の8ftが4本と間に渡す横木用の2×4の6ftが1本、真ん中の束は冬囲い用に馬の脚の間に打ち付ける予定の胴縁 6尺 10本パックが2つ、左のamazonの箱は2×4材を繋ぐ金具でソーホースブラケットというものが2セット入っています。

ソーホースブラケット
ソーホースブラケット

かかった費用は、木材が5,357円、金具が2,132円で、合計7,489円ですね。あとはネジ代がかかりますがとりあえずあるものを使います。
今回は8ftと長いのがあって車に積んでこれなさそうなのと量も多かったので、ホーマックのサイトで注文して配送してもらいましたので、配送料540円も含まれています。
自分で見て選んでないので、端が割れたり欠けたりしてるし、節も割とあったりと品質はあまりよろしくないですね。
まあ、今回作るものは外に放置しとくものなので特に品質はこだわっていないのですが、屋内用に綺麗に仕上げたい物を作る場合はネット注文ではなく、直接お店で自分の目で見て選んで買ったほうが良さそうです。

早速作り始めましたが、作り方というほどのことは何もなく、とりあえず先ほどの材料をひたすら半分の長さに切っていくだけです。(^_^)
8ftの半分だと1220ミリで脚にしては長すぎじゃね?と思われるかもしれませんが、用途が大根干しと冬囲い用なのでたぶんこれくらいの高さが必要だろうという見積もりです。
しいて言えば、横木の長さが910ミリだと短くてバランス悪かったかもしれません。まあイマイチだったら8ftを1本買ってきて取り替えればいいかと。

そんで切った脚の部材を金具にはめ込みます。

金具に挿した脚部材
金具に挿した脚部材

と、ここまでやったら暗くなってきたので、ネジ留めはまた明日。