Zou3.net logo

 
line

モニタサーバー接続チェック

モニタサーバー機能が使える環境かチェックします

接続失敗です。(-_-;
Connection timed out (110)

再度チェックする

このチェックプログラムは、あなたのパソコンで起動しているモニタサーバーに接続を試みてTCP 2879ポートが開いているかを確認するものです。(接続・切断しかしないモニタクライアントと考えてください。)

モニターサーバーとは、あなたの入力中の状態を接続している相手に送信する機能です。複数の入力者同士で連携入力を行うためには必要な機能です。

チェックする前に予め、YIRC-I, cati, ivoTV, Imemon-Sなどのモニタサーバーを起動しておいてからお試しください。

スクリプトをご自分のサーバーに設置したいかたは、下記からダウンロードしてご利用ください。Perl版とPHP版を同梱しておりますのでお好きな方をどうぞ。
スクリプトダウンロード

「接続成功です。\(^o^)/」のメッセージがでたら、入力用ソフトでモニタサーバーが使用できます。

「接続失敗です。(-_-;」のメッセージがでたら、現在のあなたの環境ではモニタサーバーが使用できません。以下の点を確認してください。

  • モニタサーバーソフトが起動していないかもしれません。
    対処→モニタサーバーのON/OFF機能があるソフトはモニタサーバーが起動しているか(起動する設定になっているか)を確認してください。
  • ルーターやファイアーウォールソフトなどでTCP 2879ポートが閉じられていることが考えられます。
    対処→ルーターやファイアーウォールソフトの設定でTCP 2879ポートを利用した外部からの接続を許可するよう設定してください。
  • あなたの回線がCATVインターネットなどでグローバルIPアドレスが割り当てられていない場合。
    対処→他の誰かにミラーサーバーを起動してもらい中継してもらう必要があります。

このプログラムは、入力者が入力ソフトを使える環境かどうかを自分でチェックできるように提供しているだけであり、当方ではルーターやファイアーウォールなどの接続環境設定をサポートすることはしておりません。
 接続環境設定に関しては、ご自分で解決するか、あるいは所属団体の担当者にご相談下さい。


line